はじめてのキャッシング ~利率か利便性か~

はじめてキャッシングやカードローンでお金を借りるときは、
金利が気になるものです。
総返済額に直結するのですから当然でしょう。

実際にウェブで検索してみるとわかりますが
銀行や消費者金融業者の提示している利率は、
 A社  年4.0%~14.0%
 B社  年3.8%~17.8%
のように幅があり、借入先を選ぶときは、
この差を見誤らないことが大事です。

もし借りたいのが額が少額なら、利率の<高い方>が、
融資上限位までの高額な借り入れなら、<低い方>が、
それぞれ適用されると思えば良いでしょう。
つまり、キャッシングと一口に言っても、
「次の給料日にすぐ返せる少額」ならB社(14.0%)、
「融資上限の500万円まで借りたい」ならB社(3.8%)
が安くつくということになります。
諸条件により利率は変化しますし、
大雑把すぎるかもしれませんが、
少額の借り入れなら特にこの考え方が適用できるので
覚えておいて損はないと思います。

ただ、少額のキャッシングなら返済も短期間で、
その利息も少ないわけですから
単純に利率だけで選ぶのではなく、
審査の簡単さやWeb明細などの利用しやすさ、
一定期間無利息などの特典で選ぶのも良いと思います。
また最近は、職場への本人確認の電話がなく、
カードや利用明細を自宅に郵送しない大手業者も増えており、
職場や家族に知られたくない人は
こういった業者の中から選ぶのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>